White Wolf's Forest

ウルフマン 森の生活 〜 Wolfman; or, Life in the Woods

とある小説家が田舎の洋館風の山小屋に移り住み、DIYで修理しながら自給自足のスローライフを目指す

納屋から出てきたモノ

 

この記事でも書いた通り、

住処にする場には前オーナーが残した物で溢れている

 


 

室内の家具や洋服といったものは

友人達に譲るものを残しほぼ処分し終わったが 

離れや納屋にはまだ沢山の物が残っている。

 

 

先日、納屋の整理をしているとこんなものを発見。

 

 

f:id:Shinya_Leyzi:20210526123433j:plain

 

 

懐中時計だ。

 

一時期私は懐中時計に凝っており、

腕時計よりも懐中時計を愛用していた時期があった。

これは安物だろうが、

懐中時計は手の収まりが良く親しみがある。

 

この懐中時計は手巻き式のようなので

動くことを期待して巻いてみる。

 

これが何かの小説の冒頭であれば

懐中時計が見事に動き

主人公を導く指標になるのかもしれないが

残念なことにこのブログは小説でもなければ

私は何かの物語の主人公でもない。

 

時計は壊れており、

針は微塵も振れなかった。

 

懐中時計以外にも鋸や錆びて動かない薪割り機など

様々なものがまだ納屋に眠っている。

 

修理すれば動きそうなもの

使えそうなものに関しては使用しているが

完全に動かないものに関しては

処分していかなければならない。

 

 

 

やることはまだまだ山積みだ。